もう迷わない!名鉄名古屋駅乗車案内「S-NH36」

V-NH36

こんにちは、月島あおみです。V-NH36の時刻表データを利用して派生版をつくってみました。
その名も「S-NH36」。う~ん、わかりにくい!w

S-NH36

一体何なのかを見ていきましょう。

S-NH36の見方

S-NH36はわかりにくい名鉄名古屋駅の乗車を支援するべくつくられました。サイトには、現在時刻を基に名鉄名古屋から発車する電車が並べられています。

どのランプの前に立てばいいかが分かります

まずは上段を見ていきましょう。上段に並べたのは乗車する上で特に重要な情報となるものです。文字サイズも大きめにしておきました。
左列は種別。色はちゃんと使用されているものに合わせています。ミュースカイもちゃんとアレが出るようになっています。アレ。
中央は行先。幅にだいぶゆとりがあると思いますがこれは「新鵜沼・新可児」行きのせいです。彼は停車駅表示の処理も面倒というクセモノです…
そして右列は何より重要な乗車番号。これが分からなければ名鉄名古屋でスマートな乗車はできません。

名鉄名古屋駅のホームには頭上に乗車位置を表すランプが存在します。

S-NH36に表示されている方面・色・番号に合致する場所に立っていれば迷わずに乗車できますよ。

一部の乗車番号は、かつて存在した2ドア車の名残で複数存在します。どっちが正しいか分からない場合は複数存在しないところに並んだ方が失敗しません。

全車特別車のミュースカイは特別車ホームからの発車です。あっ、「アレ」だ。

君?主役じゃないのか。

中段に表示されるものも3つです。ただ、車両によって表示される数が違います。
まず左側にあるのは発車時刻。大抵は一番大きなサイズで表示されがちな発車時刻ですが、S-NH36では控えめ。ひっきりなしに来る名鉄名古屋では発車時刻は最重要のものではないからです。
中央は種別変更の案内。種別変更がある列車のみ表示されます。
右側は特別車の案内。これも特別車が存在する列車のみ表示されます。

特別停車を見逃すな

下段は停車駅表示です。この停車駅表示、列車によって黄色になっていませんか?

黄色になっているのは特別停車する駅です。これなら特別停車を見逃すこともありません。また、特別停車が存在する列車は「停車駅」の文字も黄色で表示されます。
さらに、途中での種別変更にも停車駅表示は対応しています。頼もしい!

名鉄名古屋駅ユーザーの皆さん、是非使ってくださいね。間違いがあればコメント欄やTwitterで報告してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました